浮気の責任をとらせる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

信じていたパートナーが浮気していた、その事実が発覚したときのショックたるや、計り知れないものがあるでしょう。恋愛の裏切りというのは、例えようのない悔しさや悲しさを味あわせてくれるものです。とはいえ、だからといって泣き寝入りしていなければならないかといえば、そうでもありません。その悔しさは、法的手段において晴らすことも可能です。

浮気浮気は、ある種の法律違反となるためです。逆にいうと、結婚した時点でそれだけの結びつきが生まれているともいい換えられます。相手にその事実を知らしめるためにも、そしてたまったうっぷんを晴らすためにも、法的に行動を起こすことはプラスに繋がるかもしれません。

具体的には、慰謝料請求の形が一般的です。ショックの分だけの金銭を請求して、お互い納得いく形で事を収めるのです。浮気によって多額の金銭を動かすというのは、初めての人にとってはやはり少し抵抗もあることでしょう。ですが、浮気=慰謝料のような流れは古くから実在しているので、そこまで気構える必要はありません。前例に則り、毅然とした態度で臨むと良いでしょう。

今回特集したのは、そんな浮気における慰謝料請求についてです。慰謝料請求は、その名の通り精神的苦痛を和らげるための金銭を要求する方法です。とはいえ、内容は単純であるものの、法的に実践するとなると少しハードルは高まります。いったい何から始めれば良いのか、そもそもどういった条件で実行可能かなど、不明な部分も少なくないでしょう。以下内容を、ご参考ください。