慰謝料請求の大前提

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

浮気は、パートナーが自分以外の異性と関係をもつことによって成立します。とはいえ、あくまで気持ちの問題であるため、明確な証拠が残りにくいのも実際のところです。証拠がないとなれば、法的に訴えることが難しくなります。そのため、まずはいかに証拠を残せるかがポイントとなってきます。

ですが、浮気があったからといってかならず慰謝料請求できるとは限りません。そのため、まず前提条件について把握していきましょう。そもそも請求の対象にあてはまらなければ、証拠を用意しても無駄骨となってしまいます。

慰謝料まず大前提として、慰謝料請求ができる浮気は相手が結婚しているケースに限られます。恋愛関係でも浮気という事象は発生しますが、この場合基本的に慰謝料請求の対象とはなりません。そして訴えられる相手は、主に2パターン挙げられます。配偶者と、配偶者と関係をもった相手です。どちらか一方、もしくは両方に請求するかというのは、訴える側の自由となります。ですが二人に請求するからといって、請求額が二倍になるわけではないので気を付けてください。

またもう一点、浮気が不貞行為でなくてはならないという点も、覚えておいてください。つまり、肉体関係にあったかどうかです。これもまた、大きな条件のひとつとして覚えておいてください。